ReDZoNe
名古屋ReDZoNe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
募集締め切りました)名古屋ReDZoNeCrew架空求人募集
名古屋ReDZoNe最新情報は
専用HPにてお知らせしております。
http://redzone-nagoya.strikingly.com/

以下、架空求人要項(ネタ)は
募集締めきっております故
ご了承くださいませ。

------------------------------
Imaginary Recruit
[架空求人広告]

この度ReDZoNeでは業務拡大に向け、新規Crewを募集致します。
名古屋HardcoreTechnoParty界隈で
Topクラスの社会不適合者が所属する団体の一員となり、
人生を棒に振ってみませんか。

■業種:夜遊び。DJ、Live Performance、Party企画運営、その他サービス
■事業内容:Club会場にて音楽を流すサービス
■事業所:名古屋市港区STREET様にてParty開催
■設立:創業2006年
■代表者:S印(リーダー/天皇/キャッシャー)
■従業員数:8名(SubCrew含む/平成27年2月現在)
■資本金:非公開
■売上高:非公開

■募集の背景
Club文化熱が落ち着きつつある昨今、本当に大切なものを伝えるべく
若年層から中堅、高齢者問わず熱意のある方を対象と致します。

我々ReDZoNeは人材の育成に力を入れています。
人は、財産です。
夜遊びをする「不良」をただ作りたいわけではありません。
「不良品」を作りたいのです。
これまでに適格な良品人格を不良品へと昇華させてきました。
長年の実績により培ってきたノウハウが御座いますので
初めての方でも安心して当団体に染まることが出来ます。
不良品という恥ずかしい人間を、
自信をもって社会へ創出して参りました。


■仕事の内容
軽作業中心。
Party中の決められた時間内で、交互に曲を繋ぐだけの簡単なお仕事です。
慣れてきましたら独自のアレンジを加えたり、
自前の機材を持ち込んでLiveShowを行っていただいてもかまいせん。
やる気とがんばり次第で、
自身の能力を活かせる職場として
実現したい未来がより近くなります。

準備作業として開催1ヶ月前にCrew内会議があります。
会議出席は余程の事情がない限り、出席していただきます。
事前に予定を伺いますので希望の日付を申請してください。
参加難しい場合はCrew全員が所属している
某SNS上の会議室コミュニティーにて
積極的な書き込みをお願い致します。

Party当日、自身の演出時間以外はParty運営業務をして頂きます。
主に接客、物販やキャッシャー受付、写真や動画撮影、他Crewの補助等
多義に渡ります。
まずはひとつ、自分担当の仕事を見つけて責任を持って頂いてから
様々な仕事を身に付けていってください。
働き方次第では売れっ子雑用係になることも可能です。


■対象となる方
経験不問、未経験者歓迎
挨拶の出来る方、まめに連絡を取り合える方。

【具体的には】
☆20代スタッフ活躍中!
☆30代スタッフ活躍中!

■勤務地
名古屋市港区STREET
※Party内容によって異なりますが、基本は港区です。

【交通手段】
●あおなみ線稲永駅から徒歩30分弱
※マイカー通勤可能

■勤務時間22:00~5:00 
※前日準備、早出、前打ち上げ、残業(後片付け)有
(担当業務により変動有)

■給与
完全歩合制

■待遇
・ユニフォーム支給(着用義務無し)

・福利厚生
一切御座いません。

ただし、その年の企画内容充実により10月の周年Party以降に
Crewだけの慰安旅行をしています。

和歌山勝浦、三重県湯の山温泉、岐阜県下呂温泉と
この数年間で数回企画しています。
湯の山温泉では旅館玄関にてオオスズメバチに襲撃されたり、
昨年の下呂温泉では客室にプロジェクターを持ち込み、
狂人白書ふろくDVDを上映、仲居さんの顔が歪んでおりました。
ありきたりな慰安旅行に飽々している貴方でも
きっと楽しんで頂けます。


■休日・休暇
360日/年間
※休日出勤有り

開催月は2月、4月、6月、8月、10月の年5回開催ですから
プライベート時間をしっかり優先させることができます。


■Crewの声
社員P(勤続7年目・自称クリエイター)
「最初は半信半疑だったのですが、
このパワーストーンブレスを付けた途端に
全てがうまくいくようになりました(:他称クリーチャー)」


■団体加入後の活動イメージ
会議→日付決定、企画、役割担当決定→フライヤー作成→告知→当日Party

基本の流れは以上です。
外国人タレント企画の場合は
送迎や観光案内等御座いますので異なります。


■採用の流れ
電話応募→書類審査→面接→不採用 の流れとなります。
最終ご連絡には2週間ほどお時間を頂いております。
ご了承ください。


■応募連絡先
以下の電話番号にて賜っております。
繋がりにくい場合は大変申し訳ございません。


052−10(#゚Д゚)-1504 
「テイヘン二 イコウヨ」まで。

採用担当:田中
---------------------------------
本求人掲載期間:2015年10月まで(早期終了の場合あり)
スポンサーサイト
paranoia 人生で初めてセルフ形式のチェーン系うどん屋さんへ行く
ご無沙汰しております。
イベント告知主体のブログに最近なっております。

イベントレポは、他CrewのそれぞれSNSやブログで挙げていますので
そちらをご覧ください。
不言実行の丸投げです。

--------------------
本日、生まれて初めてセルフ形式のうどん屋さんへ行ってきました。
ちなみにチェーン系の「○亀製麺」さんです。
http://www.toridoll.com/shop/marugame/

普段は完全にスルーしていますが
とあるきっかけが生まれたので
一度入ってみようと思ってのことです。

香川の讃岐を謳っている。
さぞ美味しいのだろうと
すっとぼけた妄想を抱きながら。

頭をフルに使って入り口を探し、
何食わぬ顔をして入店するが

まず、注文方法が分からない。笑
どゆこと??
店内入り口のメニューを数分眺めて選んでいるフリをしながら
脳内CPUはフル回転、
熱を持ち出すが排出先無いので
突っ立っている(フリーズ)恥をさらす。

入り口でつまづく。

そこに店員のおば様が横切ったので
「すみません、こちらのお店初めてなのですが、
どうやって注文したらよいのですか?」
と聞く。

とんだ31歳児である。

おば様は丁寧に教えてくださった。

「よく出るもの、おすすめは何ですか?」

『釜揚げうどん、もしくは限定の牛肉ぶっかけうどんだね!』

企画ものはうどん自体の本来の味をマスクして味わいきれないだろうと
腐れCPUが即座に判断し、
「釜揚げうどん」を注文する。

そこで、安い方を選んだ、などと思われても癪なので
2玉(大盛)を頼む大人のプライド、汚さは忘れていない。

「2玉お願いします」

『え?普通?!何だって?!』

今度は注文でつまづく。


その先は大学の学食のように
長いカウンターに沿って進んで行き、
お好みのトッピングを選ぶのだな、と
接触不良の電卓並みCPUが解を導き出す。

このときばかりは
大学出ておいてよかったな~、と
思ったのが正直なところ。


無事に2玉注文して安堵していると

なんと木桶の中に2玉入って
出てくるではないか。

予想外の展開に
それを見てボケーっとしていると
「かけつゆ」なる液体が入った小ぶりの器もトレイに載せられる。

どうやって食べるのよ?

そう思い、近くにあった一般的なうどん器を取ろうと手を伸ばすと
さっきのおば様店員に窘められる。

『それはいらないの!』

「は?!コレ、いらないの?!」

どうやら使わないらしい。

とんだ31歳児である。
コケっぱなし。

昼間の大混雑時だったら
本気で店員からの殺意ある眼差しを一身に受けただろう。


そしてその先のトッピングコーナーを物色すると
全部載せたい衝動に駆られる魅惑的なブツが盛りだくさん。

そこを大人の貫禄で顔には出さず、
でも手は若干震えているというパラドックス。笑


巨大な野菜かきあげ(名物)は欠かせない。
えび天無くちゃ始まらないだろ?
じゃこ天好きなんだよね。
かしわ天ぷら、珍しいねぇ!



お会計済まし、
席に腰を下ろしてトレイ満杯の現状を見てうつむく。

…どうやって食べたらいいんだろう…

とにかくツユに浸けながら食べればサマになるだろ!と頭を切り替えた矢先、
その未来ある展望を粉々に叩き壊すものを発見してしまう。

目の前の調味料置き場に
「和風ソース」
なるものが。

[ お好みで天ぷらにつけてね ]

との注意書き。

どうやって食べたら正解なんですか…


背筋伸ばして「いただきます」したが
まぁワタクシ浮いている浮いている。

このようなチェーン店で「いただきます」してるヤツ、見たことねっすよ。
吉野家さんでしてるヤツいる?
いないでしょ?!

僕、しています…恥


家族連れで騒いでいる空間なのだから
ざっくばらんに食べればいいのだろうけど
下品な食べ方したくないので
浮いている方を選択する。

でないと、
これまで食べ歩いてきた美食たちに申し訳ない。
その美食たちのおかげで
ちったぁ舌が肥えたわけで
その恩恵を無視して
ごちゃまぜドンブリになんか出来やしない。

ツユ、和風ソースの両方交互に楽しみながら
食事も後半。

大きな野菜かき揚げを箸で小さくして食べやすいサイズにする。
これがなかなか、思ったとおりに分けられなくて。
力が入っちゃうワケ。

その瞬間

「バキッ!」

見事な音を出して
割り箸が真ん中で真っ二つに折れる。笑


近くのファミリーもその瞬間こっち見たからね。
子供もポケーっとしておりました。

何食わぬ顔で新しい割り箸を取り出し
食事を完遂しようとするが
内心はPCで言うOSがめっちゃくちゃになって起動してねぇよ。

コケ倒したなー。
セルフってレベル高いなー。笑
近くの子供ですら1人で注文出来てるんだもんな。
嫉妬しちゃう。

割烹料亭スタイルで臨んで浮きまくり、
結局は子供も呆然の割り箸破壊にて最下層に転落して浮くという
両極端なお粗末な結果。



結論。

香川県讃岐、チェーン店でも

うどんの敷居は

高いぜよ!!
9/7STREET出演を終えて
昨日はReDZoNeホームの名古屋市港区STREETにお呼び頂き、
同胞のKeeさんとB2B DJをしました。

サイケデリックトランス色の強いイベントカラーで
同じ場所でもジャンルが違えば雰囲気全く違うのだな、と思わせられました。

比較対象があってこそ、
我々のイベントがどこにチカラを注いでいるのか、
そこにある出来上がった後の雰囲気結果がくっきりと
浮き彫りになるというものです。

比較の話を出したので常々思うことを少々。
「形容詞」というものは比較の言語であるということ。

「美しい」
「美味しい」
「楽しい」

それらの裏には、反対の経験があってこそ出来上がる言葉で

「汚い」
「不味い」
「つまらない」

上に挙げた対義語が100%正確に反対を意味しているかは自信ありません。
ざっとのニュアンスでかまいません。

自身のしたことが、人に楽しいと思わせられるのは至上の幸福ですが
思わせた瞬間に次には比較の対象に組み込まれ、
より楽しいこの先の経験の踏み台にされるのでしょうか。

これは変えようの無い事実なので抗うつもりもありませんが
そういう仕組みなのだと知っておかなければ。

--------------------------------------------------

久々のKeeさんとのB2B DJは刺激的でした。

1人でのDJの際は異なる2曲を同時に流して
曲に別要素を色添えたりしています。

結局自分はその2曲それぞれの構成を知っているので
パズルのピース同士が合う感動。

B2Bの際は相手の曲の構成を知らないことが多く、急な変化球な曲もたまにある。
経験で繋ぐこと多数。

昨夜は繋いだ瞬間、
両方の曲が主張する異なる音域がうまく混ざり合って
このまま同時に流し、
偶然出来上がった新しい曲を聴いていたい衝動に駆られました。

うまく繋ぐことも重要だけど
相手の曲により華を持たせたれるような曲の繋ぎを
今後目指したい。

楽しかった。


僕らが楽しいだけじゃダメなので
それは当日あの場所の居たお客さんの気持ちに委ねます。
至らない点は多々ありますが、
少しでも聴いていただけたのなら幸いです。

僕が感じたところとして
・Schranzに反応してくれる方がいた
・Nu-styleGABBAに反応してくれるお姉様がいた
・MixCDを手渡しした際、快く受け取ってくれる方がいた

ありがとうございました。
旅から得たこと。これから得ること。
こんばんは。
paranoiaです。

公式ブログのはずが
完全に私物化していますね。笑

末永くお付き合いいただければ、と存じます。

さて、

今年一年を振り返れば
狂ったように旅行へ出かけた年となりました。

良く言えば、旅ザムライ。
悪く言えば、旅キチガイ。

大学生時代にも
社会人になってからも
ゴソゴソ自分のテリトリー内で過ごすだけで

周りがいろんな場所に出かけて
様々なことを吸収して帰ってくる中
一人取り残されているような気持ちでした。

時間を取り戻すかのように
休みがあれば行くようにした結果が
この一年です。

1月、沖縄(初めて自分で飛行機搭乗手続きをしました…
2月、和歌山(極寒。雪が降る。あまり降らない地域なのに…
7月、仙台と石巻市(ReDZoNeCrew単独慰問
9月、高知(初めて高速バス乗りました…
10月、金沢(波乱万丈でした…
11月、鹿児島(新幹線で最南端を経験したかった

どんな旅に満足を覚えるかはヒトそれぞれ。

僕は、有名な観光場所に行くよりも
地元の方とお話できたときに
感動を覚えるのだとわかりました。

観光雑誌に載っている店で名物店主に会いに行けば…
店主、いないし。悲

有名なお食事所にいけば、
「満席です。」と断られ。悲

絶対ハズせない有名スポットに行けば、
ちっぽけで感動も何も無いし。(これは僕の感性の問題か…


事前にリサーチしたことは
「ここに行った」という足跡として記憶に、
思い出に残せるけれど
たったそれだけ。
それこそ、お金払ってどこぞの観光施設の入館料を
交通費込みで払っただけという表現がしっくりくる。

それよりも
行き当たりばったりで
酒呑んでフラフラして入った飛び込みのお店での出会いが
最もスリリングで楽しかった。
金沢、東茶屋街「十月亭」のような。

224452_236724046455026_1336316064_n.jpg

------------------------------------
11月に新幹線の最南端終点、鹿児島へ行き、
12月は年末年始に客船フェリーに乗って北海道へ行きます。

名古屋から苫小牧まで
40時間。

コレに乗ります。
太平洋フェリー いしかり


1月には沖縄に行っているし、

これで実質、南と北をざっと経験しました。

もうこれで終わりにしよう、と思ってました。

自身が動いた軌跡として
エリアの幅を広げる目標は叶ったのだから
日本国内これからどこにいっても
経験した極めて南、もしくは北の範囲の中を動いているだけ。

つまりは限界値を超えてこそ燃えるのであって
そうじゃないならば、旅熱は上がらない。燃えない。

だから、北海道へ行って
もう終わりだな、と。

海外へは行かない。

だってパスポート無いもん!

-----------------------------------------

終わり、だと思ってました。
今週頭までは。

1月の3連休、大分県の湯布院行ってきます。

会社の方の知り合いが湯布院にて宿を経営されているそうで
通常ならば2名以上でしか受け付けてもらえないですが

紹介ということで1人でもOKとなりました。

ピンときました。

知り合いの紹介から紹介を生む方式で
全国をどこまで廻り続けられるか。

泊まった宿の主人と女将さんから
同じく宿を経営されている知人を紹介してもらい
全国津々浦々。

いままでは1人で泊まれるビジネスホテルが主体でしたが
紹介方式ならば
温泉宿ではデフォの「1室2名以上」の壁を通り抜けて
1人でも和室でゴロゴロ、のんびり温泉に浸かれる。

--------------------------------------------
今年一年はやりつくしました。

来年の抱負も出来ました。


それでは、皆さんごきげんよう。

わくわく年金生活さながら
ボケ老人の戯言でした。
友人の結婚式二次会にてDJ演出。
こんばんは。paranoiaです。

日記の内容は
タイトルそのまんまです。

やってきました。
やらかしてきました。

自分の好きなジャンル、一切縛って
往年のトランスやらピアノハウスを中心に流してきました。

チャラ男により近づきました。
不本意、しかし、本意も一部ある。

その少し前、某イベントで共演した某DJに
「チャラノイア」と命名されました。
本人曰く、今朝思いついたそうです。

どんどん自分を見失っていきます。

でもそれが心地の良い、既に老後の気持ちが始まった今となっては。

-----------------------------------

この度ご結婚された友人のM君は
中学時代にソフトテニス部でペアを組んだ仲であり、
なんだかんだで3年間とても仲良く過ごしました。

そのソフトテニス部で同じのS君との3人組は
相乗効果で悪いに悪いを磨きかける、とんでもねー悪ガキだったと存じ上げます。
※特にS君が凄かった。

友人M君は生涯の伴侶と今後過ごしていく。

その旅立つ姿を眺めていたら
どうしても中学時代のアノ出来事を思い出してしまう。

とある日、S君の家にお邪魔すると
彼はどこから手に入れたのであろうか、

「ときめきメモリアル」があった。

ときめきメモリアル

当時、恋や彼女に飢えていた中学生真っ盛り。
青春真っ盛り。
一人上手、真っ盛り。

やるしかない、と思った。


あれよあれよとのめり込み、
学校での会話がソレに侵食されていった。

「藤崎さんは一番難しいらしい」
「そろそろ高校3年終わるから、告白される為に伝説の樹の下に向かう」

そこそこやんちゃグループに居たと思うので
会話と雰囲気のミスマッチもはなはだしい。


そこに例の友人M君も混じるようになり
3人でゲームの女の子攻略を討論するようになった(画面の前で


そん時、
ハツラツでアクティブな性格の
「清川さん」という女性キャラクターに熱をあげていた我々は
彼女の誕生日が近づいていることを知り、
何を送るのかを討論した。

ゲームに示された3つの選択肢はこちら。

①花

②○○(何か忘れたけど、マトモな物






















③メリケンサック




我々は大いにモメた。

「メリケンサックしかねぇべ」

「アホか!今までがんばってきた苦労が吹っ飛ぶわ!」

「いや、ここはあえてメリケンサック贈って怒らせて、
その後に何か挽回する隠しイベントがあるんだよ、ゲーム作成元のコナミなめんな。
そのくらい考えて作ったるわ。」



3人の好奇心が勝ち、結果、
意中の女性にはメリケンサックが贈られた…。















彼女、その後ブチ切れでした。笑

目も合わせてくれねー。笑


我々は大爆笑したよ。
狙って嫌われることをして、結果その通りになったら
人間は笑うように出来ているのかな??


贈る前はハートマークが10個中8個くらい点灯してて
カップル誕生間違いなしだったのに

贈った後は大嫌いを示す爆弾マーク8個にそのまま置き換わっていた。笑



愛が強ければ強いほど、翻して女性は相手を同じくらい憎むんだね。

凄いメッセージ性のあるゲームだったと今更ながらに思う。



中学生にそんなこと分かるか。笑



そんな画面の女の子攻略にお熱をあげていた3人のうち1人のM君は

ちゃんと現実の彼女を選び、

一生涯のパートナーとして認め合い


先週ハネムーンのワイハーで出かけていきました。


DJ演出させてくれてありがとう!

僕も自分を成長させることができました。

感謝!

今後ともお幸せに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。